サプリメントは薬との違いを理解してから服用しよう

サプリメントの基本的な役割

サプリメントは栄養補助を目的とした、いわゆる栄養補助食品の一種です。

大多数の商品において栄養補助と明記されていることからも、その目的や効能は、本来、日常の食事で摂取するべき栄養の不足分を補う事が主軸となっていることがわかります。

つまり、サプリメントの役割とは基本的に栄養成分の補完であって、直接的な健康改善やダイエット、美肌効果等をもたらすわけではありません。

あくまでサプリメントの役割は、健康改善やダイエット、肌荒れの解消といった目的に対する基本的な対策として考えられている、食生活の偏りや睡眠・運動不足といった生活習慣の改善を栄養的な側面からの補助することにあることを念頭に置いておく必要があります。

肌に良いサプリメントの服用法

肌の状態を維持したり、ハリ・艶・美白などを維持したりするためにサプリメントを利用することを考えるのであれば、闇雲にサプリメントを服用したところで、サプリメントの栄養補助効果を十全に発揮することは、まずできません。

サプリメントを摂取するよりも先に、貴方の肌荒れの原因を探り、栄養バランスの偏りの改善や睡眠不足並びに運動不足の解消といった生活改善で解消可能な範囲に収まる場合や、医療行為と並行して生活改善を求められ、なおかつ医師からの許諾が得られた場合に、偏食・睡眠不足・運動不足の解消を促す補助の一環として、各種栄養成分を含むサプリメントを摂取するのが、現状、肌にとって一定の効果が望めるサプリメントの摂取方法の一つです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ